• MP3とMPEG4フォーマットの違いは何ですか?
  • ここ数年、インターネット・オーディオ( 特にMP3フォーマット) が急速に普及しつつありますが、MP3の圧縮技術が20年以上も前から存在していることはあまり知られていません。ここ10年でMPEG4のACCフォーマット等、多くの知覚的オーディオコーディングや圧縮技術が進化してきています。

    MP3の概要
    MP3フォーマット(“.mp3”)は基本的に音声のみで、MPEG-1フォーマット(ビデオCD) の音声層(Layer3)のことです。Layer3は知覚的オーディオコーディングと心理音響モデルの圧縮方法を使って余分な情報(つまり不必要で無意味なサウンドシグナル等)を除去しています。基本的にLayer3はCDの元のサウンドデータ(ビットレート1,411.2kbpsのステレオミュージック) を、音質をそれほど損ねずに12分の1の容量(112~128kbps)にまで縮小します。最も大事な点は、MP3ファイルはサイズが小さいため、インターネット上での転送が容易であるということです。

    MPEG-4の概要
    MPEG-4はDVD(MPEG-2)の質の高いビデオファイルを低いデータ転送速度で再生し、小さなファイルサイズで保存するために開発されました。これは次世代のグローバルマルチメディア規格で、携帯電話からブロードバンド、それ以外にも様々な帯域幅においてプロレベルの質のオーディオやビデオファイルを利用することが可能です。人気の高い“.mp3”ファイルフォーマットの開発者が新しいAACコーデックを開発しており、MPEG-4はMP3より効率性の高い圧縮技術と、圧縮されていないCDオーディオに匹敵する音質を誇る非常に優れた圧縮方式です。

    AACはこれらを生かし、低い転送速度でも高品質のファイルの再生を可能にし、モデムユーザーにも違いがわかるほどになっています。

    両者の違いを比べてみると、AACはMP3に代わってインターネットでの新しいオーディオ標準となっていくでしょう。MP3に対するAACの優位点は以下の通りです。

    • より効率的な圧縮技術で小さい容量でより高品質なデータを提供できる。
    • マルチチャンネルのオーディオに対応し、フル周波数レンジで48チャンネルを実現。
    • オーディオのレゾリューションはMP3より高く、最大サンプリング周波数は96kHz。
    • デコーディング効率の向上で、少ない処理能力でのデコードが可能。


  • 地域と言語の設定: 地域が選択されていません - 日本語
  • *参考通貨: 参考通貨の指定なし
 設定の変更 
ウェブサイトの機能を正しくご利用いただくため、ブラウザのCookieを有効にしてください。
Cookie設定 Close

当社は「Cookie」などの技術を使用して情報を収集し、オンライン設定を保存します。 Cookieの設定を管理することにより、事前に定義された分類に基づいて、特定のCookieセットを有効または無効にできます。


これらのCookieは、Webサイトのコア機能を有効にするために必要であり、サイトを使用すると自動的に有効になります。 これには、バッグとチェックアウトのプロセスを可能にするだけでなく、セキュリティの問題を支援し、規制に準拠するのに役立つCookieが含まれます。 また、Cookieを使用して、訪問とトラフィックソースを識別し、ショッピングエクスペリエンスのパフォーマンス測定や改善、また、アフィリエイト手数料の注文情報を取得します。
これらのCookieは、お客様とお客様の関心により関連性の高い広告を配信するために使用されます。 マーケティングCookieは、当社の許可を得てサードパーティプロバイダーによって配置され、収集された情報は、発行者や広告主などの他の組織と共有される場合があります。
これらのCookieにより、ユーザーがWebサイトをどのように使用するかに基づいて機能を改善し、より良いサービスを提供することができます。 収集された情報は匿名で集約されます。

    キャンセル